とても並行二重にはなりにくい

とても並行二重にはなりにくい

目頭切開を行うと目頭のピンク色は確かに見えますが、それが整形の証拠という訳ではないのですね。目頭切開をすれば二重になると考えてしまいがちですが、そもそも目頭切開とは目頭に切れ込みを入れると言う施術なので、これだけでは二重にはなりません。

二重のラインから目頭にかけて、いわゆる並行二重にしたい場合にこの目頭切開は有効ですね。」と言う声を聞きます。

しかしそれは間違えで日本人の中にも一握りだけ生まれつき蒙古ひだのない方はいらっしゃいます。日本人のほとんどがモンゴロイドで蒙古ひだが有りますのでよく「目頭のピンク色の粘膜が見えるのは絶対整形している。

大阪を始め日本人はの瞼はモンゴロイドと言うタイプでとても並行二重にはなりにくいものです。蒙古ひだが目頭にある為それを切開しなくては憧れの並行二重にはなれません、なので二重整形手術にプラスして目頭切開を行い始めて並行二重になれるのです。